WMF Planning Meeting December 17 2008/Minutes/ja

From Wikimania
Jump to navigation Jump to search

* ar/العربية (missing) * de/Deutsch (missing) * el/Ελληνικά (missing) * en/English (published)* es/español (missing) * fr/français (missing) * it/italiano (missing) * ja/日本語 (published)* ko/한국어 (missing) * nl/Nederlands (missing) * pl/polski (missing) * pt/português (missing) * ru/русский (missing) * zh-hans/中文(简体)‎ (missing) * zh-hant/中文(繁體)‎ (missing) * *

destination: WMF Planning Meeting December 17 2008/Minutes
source update: 2009-02-05

ウィキメディア財団計画会議2008-12-17/議事録/日本語訳

常時参加者 
Erik Moeller , Patti Melton , Phoebe Ayers , Cary Bass , Patricio Lorente , Carlos Barcenilla , Frank Schulenburg , Jay Walsh
随時参加者 
Veronique Kessler , Daniel Phelps , Mary Lou Secoquian , Kul Wadhwa , Sara Crouse

午前10:15に緒言から会議を開始。Erikが簡単な概要と議題を説明し、個人および委員会のアクション項目の課題と締め切りを指定するためのツールとして、役割と責任の枠組みを述べた。Phoebeが、正式なウィキマニア委員会が形成されるのは2009年が初めてである点に触れることで、会議をキックオフした。

2008年反省会レビュー

宣伝/コミュニケーション - Jayが戦略的目標を語って設定と、メディアに存在する単一の音声を作成するように努力することの、重要性を強調した。 彼は次のことで達成できると考えている:

  1. 現地同好会とボランティアを準備して、彼らにウィキペディアの経緯を話す
  2. 現地支部を設立して強いメディアと関係を持つ
  3. より良い組織とビジョン

財務 - Veroniqueが、ウィキマニア2008が財務部門として非常にストレスフルであり、財務的な取引は制約下で行われた旨を、報告した。彼女は、財務部門が、ウィキマニアの全ての財務内容を管理するキャパシティーを有しておらず、ブエノスアイスの人を主導して会計処理を行う現地支部が必要である点を、指摘した。

ボランティア - CaryとPhoebeが、奨学金プログラムと、不十分に定義された資金調達額と償還手続きの2008年の問題点を述べた。また、OSIの付与の制限についてと、今年使える残金について議論された。サラは、今年の奨学金プログラムの指針執筆の主導者に決定された。

公共のアウトリーチ - Frankが、初心者対象のワークショップを開催する前に、ウィキマニアの会期中に前の編集経験の貢献者になることを参加者を支援するため、基本的な編集情報を提供し、一般のウィキメディアの支部への導入を促した。同氏はまた、ボランティアのプロジェクトからの経験を共有するために必要な機会があると指摘した。Frankはまた、ウィキマニアでは、すべての彼らが行うためのボランティアに感謝するのに時間がかかることが重要だと思う。

プログラム - Erikが、過去に多くの参加者の会議を見つけるも内部および提案は、アウトリーチトラック、会議のプログラムに興味を追加する必要があると新規参入を促した。また一般的な議論の可能性については、敷地内に「キャンパス」の教育コースの一環として、ボランティア参加の機会を、可能な後援者のための素晴らしい機会を提供した。Phoebeが、会議の詳細が公開されている論争については、過去に、彼女は多くのアイデアを現在開かれている社会だと述べた。

Patricioが、会議中にすべてのグループ(新規参入者、ボランティア、スタッフなど)の注意や"スペース"を課題に直面しているが、全体会議に出席することがすべての参加者は注目に、コメントした。彼らは、コースを並列実行している参加者を惹きつけるためには様々なコンセプト-例えば教師を検討している。彼はまた、バイリンガルのプレゼンテーションのための会議の主要な部分を少なくとも努力していると、報告した。

Erikが、福祉のための別々の空間/教育の詳細についての議論のフォローアップが必要と指摘した。

Phoebeが、どのようにプログラム委員会は、過去に行ったとしている以上の困難は、ポイントまたは関与も多くの人々との会議のテーマに焦点を当てているのか、述べた。彼女は、プログラム委員会の基調講演のスピーカーが小さく、もっと思いやりを招待するには、地域からのスピーカーの可能性に重点を置いての支部を、促した。Patricioが、文化の元長官ジルベルトジルは招待したり、検討していると言ってほしい私たちは、発言者の話に基づいて判断すると、指摘した。この発言者が出席するための支払いの可能性についての一般的な議論が行われた。会議のためのキャッチフレーズ、テーマや必要性だけでなく、共同のミーティングスペースの必要性も強調された。

ウィキマニア2009

PatricioとCarlosは、、文化センターヘネラルサンマルティン(ブエノスアイレス、アルゼンチン)で2009年8月25~29日に行った、会議のための基本的な草案大要を述べた。検討中のホテルは、 Bauenホテル、これは会場から2ブロックです。いずれも中心部の繁華街に位置しています。 Patricioが、ブエノスアイレスの市長が歓迎のスピーチを行う可能性がありますが、政府が彼らのプログラムには入力がクリアされ、報告した。仕事のスポンサーとLan航空会社などのサービスプロバイダーとは、ローカルチームの連携を開始している。

http://en.wikipedia.org/wiki/Centro_Cultural_General_San_Mart%C3%ADn ) http://en.wikipedia.org/wiki/Hotel_Bauen http://en.wikipedia.org/wiki/Hotel_Bauen

Patricioが、少し孤立した感じがあるが、チームと責任を明確に、予算やプログラム委員会の業務の管理を定義するために準備させている、コメントした。Phoebeが、支部にはコミュニティに早期に基本的な発表を取得することを、Patricioには予算要求をVeroniqueに1月15日までするよう、要求した。

後援者

Kulが、後援者は、多くの企業では挑戦のためのマーケティング予算が削減されると報告したが、彼は重要な後援者を1月の終わりまでに獲得したいと考えている。彼はJayとの戦略的パートナーシップとして構造に使用するためのプラットフォームを、メディアパケットを開発していく。彼はまた、支部で会談し、どのように提供する後援者モデルを開発するか決定していく。

奨学金

SaraはPhoebeに、方法で処理されていたのは彼女の基本的な概要報告を、過去最高の応募者をどのように多様なグループを確保するために協力を、要求した。CaryもPhoebeも、これまでの方法で処理されていた奨学金について不満を表明した。Phoebeのプロセスを改善するために重要な指摘:

  1. 良いアプリケーションソフトウェア
  2. 専用のボランティアの旅行の手配を支援する
  3. ビザ等のタイミングを確保するための素早く、効率的なプロセス

Saraが、Phoebeや地元のチームと協力して奨学金委員会を設定して1月中旬に設定することに、コミットした。奨学金委員会は、申請のガイドラインを設定して、プロセスを開始する。Phoebeが、支部は、送信するメンバーにピットインをコミットする必要がある旨を、指摘した。

メディア/コミュニケーション

Jayが、必要とウィキマニア2009には、よりテーマ別のアプローチをとるには、メッセージのニーズに配置されるとポイントを明確に定義された話を、繰り返した。Patricioが、材料と新しいロゴなどをデザインし、Jayの支援を受けて、仕事する。Jayはまた、メディアセンターは別の、静かな空間としての会議で少し扱いに指定されているメディアを、求めた。Patricioは、Beatriceがメディアの問題のための地域に連絡して、現地のマスコミとのリストをコンパイル、Jayと共有することで、合意した。

AVのニーズについて議論され、Frankは高品質のビデオ映像のための希望をもたらした。Patricioが、問題になることはないだろう、これは、このフィールドとしている専門家会議のドキュメントにあるかの支部をメンバーに、発言した。Kalturaとしての可能性まで、ビデオやオーディオのストリーミングにも言及されたとして参加してもらう。Jayが、すべての写真と動画を1つのスペースを簡単に記者団に指定されただけでなく、公共のアクセスにアップロードすることを、推奨した。

これは、Caryの支部からの支援とのウィキマニアウィキページを更新するため、責任を負っているとはボランティア/翻訳の仕事をすることを求められることに合意した。

全員が、ウィキマニアのswag後にTシャツが最もsoughtであることで合意した。

プログラム委員会

これは、プログラム委員会は、地元の支部では、ボランティアの「新しい血」をもたらすに重点を置いた形成されると設立された。これは、ローカルの支部を先に行くとは考えていると、できるだけ早く書類を配布するための呼び出しは推奨された基調講演者を招待。それはまた、将来の委員会メンバーのためのいくつかの種類のアプリケーションを処理することを推奨された。ターゲットは、8-10人の委員会をして、2月1日に形成された。

その他

委員会と諮問委員会の会議スペースを見つけることの必要性について議論され、これらの会議の議題にする予定。

Patricioは、すべての支部のスタッフ会議に参加の詳細な連絡先リストを配布することで合意した。

Erikは、役割と責任をグリッドに配布することで合意した。

会議は午後5:20に休会。